【東京23区東部・浦安・市川・松戸】自転車の出張修理屋さんのサイトです

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩8-3-9

パンクしにくい乗り方

パンクになりにくい乗り方

パンクの2大原因と、パンクになりにくい乗り方。


タイヤチューブに孔があいて空気が抜けるパンクは自転車のトラブルのうち、半分以上を占めています。チューブが時間とともに劣化して空気が抜けてしまうこともありますが、孔の大きな原因は乗り方にもあると考えられます。

ひとつは、尖ったものを踏んでしまうこと、もうひとつは段差などに乗り上げて、チューブを打ちつけてしまうことです。まず、パンクの一般的な原因の「尖ったもの」ですが、道路に落ちている、金属片・ガラス片、地道を走行した時尖った石を踏むことなどが考えられます。走行中に道路上のすべてのものを確認することは不可能ですが、ガラス片などは少し気をつければ踏むのを回避することができます。

また、タイヤに突き刺さった場合でも、時間をかけてだんだん食いこんでゆくことがあるので、走行後、タイヤを確認するのも有効です。 また、すり減ったタイヤは、突起物がタイヤの中に刺さるのをカバーするゴム部分が薄くなっているので、パンクしやすくなります。長距離を走る場合、新しいタイヤに変えるのも快適に乗りこなす秘訣です。 地道の走行では、空気圧が下がると、尖った石の影響を受けやすくなります。


原因のもう一つは、段差などに乗り上げた時に、チューブが金属のリムと段差などの間に挟まれ孔があく場合です。こちらは、段差などに乗り上げるとき、スピードを落とし、ハンドルをひいて衝撃を和らげたり 、サドルから腰を上げてやることで、パンクが防げます。

しかし、もっとも効果的なのは、タイヤの空気圧を適正に保つことでしょう。普通車で3kg/cmといった表示がタイヤサイドにありますが、個人的にはもう少し高くてもいいと思います。空気圧を適当に保つことは、転がり抵抗も減らしてくれますので、軽く乗ることができるというメリットもあります。特にスポーツタイプの自転車は、乗るたびに空気圧チェックをするくらいの注意が必要です